ベビーベッドで赤ちゃんのスペースづくり

ベビーベッドで赤ちゃんのスペースづくり

部屋が狭いから、という理由でベビーベッドを置くことを断念する人は、結構多いようです。
しかし、ベビーベッドを使わなくても、赤ちゃんは24時間、布団の上で過ごしますので、布団を敷いていたらベビーベッドとほぼ同じスペースを必要とすることになります。
むしろ、ベビーベッドを導入してベッドの床下を収納に活用するなどしたほうが、スペースを活用できることになります。

 

また、赤ちゃんにとっては、眠る場所が生活の中心となります。
赤ちゃんの健やかな成長のためにも、赤ちゃんのねんねスペースづくりはとても大事なことです。

 

赤ちゃんはダニやほこりが苦手なのですが、ダニやほこりは床から3センチぐらいまでに多く舞っているといわれています。
床に布団をしいた場合、赤ちゃんはダニやほこりをたくさん吸い込んでしまう心配があります。
その点、ベビーベッドなら床から離れているぶん、ほこりの吸い込みもほとんど心配ありませんよね。
より快適な環境で赤ちゃんを生活させることを考えたら、ベビーベッドの利用は欠かせないことかもしれません。