ベビーベッドの置き場所は寝室派、リビング派?それぞれのメリットは

ベビーベッドの置き場所は寝室派、リビング派?それぞれのメリットは

赤ちゃんを迎えるにあたっては事前に準備しなければならないこともたくさんあって、プレママさんは嬉しさの反面悩みも多いですよね。
赤ちゃんが生まれてまず必要なものの一つがベビーベッドです。
ベビーベッドの設置にはそれなりのスペースが必要なので、置く場所についても悩みどころだと思います。

 

ベビーベッドの置き場所は「寝室に置く派」と「リビングに置く派」の大きく二手に分かれます。
寝ることを考えて寝室に置くのが普通と思われがちですが、赤ちゃんは24時間のほとんどを布団の中で過ごします。
お母さんは日中リビングやキッチンでやることがたくさんあるので、立ったまま家事をしつつ見守ることを考えれば、リビングにベビーベッドを置いた方が確かに便利です。
寝室、リビング、どちらのメリットを重要視するのかよく考えて決めるといいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

寝室に置くメリット
・夜の寝室は寝る場所だという意識を赤ちゃんに植えつけることができる。(よく眠り夜泣きが減る)
・夜中でも赤ちゃんの様子を見ることができる(大人も寝室で寝られる。夜泣きにすぐ対応できる)

 

リビングに置くメリット
・日中家事をしながらでも赤ちゃんの様子が分かる(床だとよく見えない)
・ペットや上の子のイタズラから守りながら、リビングで寝かせられる。(床だと踏まれる危険もある)

 

毎日移動するとなると結構大変ですが、キャスター付きのベビーベッドを使って夜と日中とで寝室とリビングを移動させるという方もいらっしゃいます。
一方、「添い寝をしないと赤ちゃんが寝ないので、使わなくなった」というベビーベッドはいらなかったという意見もあります。
ベビーベッドを寝室に置くか、リビングに置くか、それともがんばって移動させるのか。
家の間取りやベッドのタイプ、またパパママがどうしたいのか、赤ちゃんの性格も含めてじっくり検討して決めたいものですね。

 

スポンサードリンク