ベビーベッドを使うのに必要なものは?布団、防水シートはいる?

ベビーベッドを使うのに必要なものは?布団、防水シートはいる?

赤ちゃんを寝かせるベビーベッドに必要なものは、本体の他にベッドサイズに合った布団セットです。そして防水シートと敷きパッドも必要です。
ちなみにベビーベッドにマットレスと枕はなくても大丈夫です。
「布団が薄くて赤ちゃんが寝苦しそう」とマットレスを用意する方も多いですが、その場合でも柔らかすぎるものを選ばないようにしましょう。
マットレス+布団だと柔らかすぎて、赤ちゃんの体が沈み込んでしまいます。骨の発達のためには赤ちゃんは固い布団の方が向いていて、実際ベビー用布団はかなり固いです。
また赤ちゃんは首がすわってないので、ちゃんとした枕はかえって邪魔になります。畳んだバスタオルで充分です。

 

スポンサードリンク

 

布団の敷く順番ですが、下からベビーベッド→(防水シート)→(マットレス)→敷布団→防水シート→敷きパッド→シーツ→掛け布団が基本です。※()はなくてもOK
赤ちゃんは必ずおむつ漏れや吐き戻しでお布団を濡らしたり汚したりしますので、防水シート&敷きパッドをあわせて準備するのがおすすめです。
防水シート自体は水分を吸収しないので、その上に敷きパッドを敷いた上に赤ちゃんを寝かせます。

 

掛け布団は綿毛布、夏場はタオルケットが活躍します。吸水性が高く丸洗いできるので、かなり重宝するはずです。
赤ちゃんの肌に優しいオーガニック素材が人気ですね。

 

また、赤ちゃんは成長するにしたがって、ベビーベッドの中でジタバタと動くようになります。
手足を動かしたり寝返りをうったり、かなり大胆に動きます。
足をバタバタするだけでも、ちょっとずつカラダが上に移動しますので、そうなるといつのまにかヘッドボードの方に頭がずれていったり、ベッドの柵に頭をぶつけてしまうことも少なくありません。
なので、ベビーベッドにはサイドガードをプラスして付けてあげると安心です。
サイドガードは、ベビーベッドのアタマ側と両サイド部分に設置する薄いクッションのようなもので、赤ちゃんの衝突の衝撃を吸収してくれるものです。
専用のものを買わなくても、厚手のバスタオルを置いたり、ミニクッションを何個か重ねておくなどしても代用できます。

 

 

ベビーベッドに必ず必要なものではありませんが、赤ちゃんにご機嫌でいてもらうために、ベビーメリーやバウンサー(赤ちゃん用揺りイス)を使っている方も多いです。
赤ちゃんにも好き嫌いがあるので、どんなグッズで喜ぶかはそれぞれですが、色々と試すのも楽しいものですよ。

 

スポンサードリンク