ベビーベッドはレンタルと購入どっちがいい?メリット とデメリット

ベビーベッドはレンタルと購入どっちがいい?メリット とデメリット

赤ちゃんが生まれたら、退院日からすぐに必要になるベビーベッド。
赤ちゃんが生まれる予定日の1ヶ月前くらいにはお部屋に準備しておく人が多いですね。
ベビーベッドは新規に購入すると、価格はピンキリで平均的には1〜3万円のものが多いですが10万円程度のものも珍しくありません。

 

ベビーベッドは購入かレンタルにするか悩む方が多いのですが、最近は「使わなくなった時に邪魔になるから」という理由でレンタルを利用する人も多いです。
確かに、後々のことを考えると使わないベビーベッドを置いておくのはスペースのムダですよね。

 

ただ、ベビーベッドをレンタルした場合の費用は一カ月で2,000円程度になります。一方購入したときの費用の平均は15,000円程度です。
平均レンタル期間は5カ月なので、単純に比較するとレンタルがお得です。
ただし半年を越えると1万円を軽く超えますし、もしも2人目、3人目の予定があるご家庭の場合は、購入したほうが断然おトクな計算になります。
しかしこればっかりは、どうなるかわからないので悩みどころですね。
そのため、赤ちゃんが生まれて3ヶ月〜6ヶ月ぐらいまでベビーベッドをレンタルして、そのあとは赤ちゃんも大きくなってくるので布団にする、という人も増えています。
実際にベビーベッドを購入した人からは、「短い期間しか使わず費用と場所を取るだけだったので、レンタルにすれば良かった」といった声も聞かれます。

 

レンタルのメリットは、「試せる」、「費用が安くすむことが多い」、「処分方法や収納場所に困らない」、「組立てや解体を業者が手伝ってくれる」ということがあげられます。
なのでまずは一カ月お試しでレンタルを使ってみて決めるという方法も慎重でいいと思います。

 

スポンサードリンク