ベビーベッドの布団の選び方|敷布団、掛け布団、シーツの素材は?

ベビーベッドの布団の選び方|敷布団、掛け布団、シーツの素材は?

ベビーベッドを快適に使うには、ベビー布団も必要となります。
体がまだまだ未発達の赤ちゃんは体温調節もうまくいかず、たくさん汗をかくため、大人が使うような布団では体の発育によくありません。
赤ちゃんは一日の多くの時間を寝て過ごすため、専用のベビー布団を用意して快適に寝かせてあげてください。

 

一口にベビー布団と言っても敷布団、掛け布団、肌布団、シーツを用意する必要があります。これら全てがセットになっているのも販売されているので、最初1セット用意して後から必要なものを買い足すのでもいいでしょう。
赤ちゃんはよく汗をかくので、まる洗いができるタイプだと清潔に保てておすすめです。
まず敷布団の選び方としては、あまり柔らかすぎない方が赤ちゃんの発育のためには良いです。まだ骨の発育が未熟な状態で柔らかすぎる布団に寝かせると体が沈み込んで、締めつけられてしまいます。背骨をしっかり支えられる固さの敷布団にしましょう。
掛け布団は薄手のものと厚手のものを用意して、通気性と保湿性が良いものを選びましょう。通気性が悪いと汗が布団に残り、赤ちゃんを冷やしてしまいます。羽毛は通気性がよく、ポリエステルは取り扱いが簡単という特徴があります。
また季節に合わせて肌布団やタオルケットを用意しておくと重宝します。
シーツの選び方ですが、赤ちゃんの肌に直接触れるものなので吸湿性と肌触りのよいものを選びましょう。

 

他にもあると便利なのが防水シーツとキルティングパッド。両方ともベビーベッドサイズで売っています。
布団はなかなか頻繁に洗えません。赤ちゃんの汗やおしっこがしみ込むのを防いでくれて、吸湿性に優れていて便利です。

 

余談ですが、セットで買うと枕が付いてくることが多いのですが、赤ちゃんにはほとんど必要ありません。
ベビー布団のサイズはほとんどベビーベッドのサイズと一致しますから、ベビーベッドのサイズがスタンダードかミニかだけ覚えておけばサイズ選びを失敗することはありません。

 

スポンサードリンク